日本人が大好きでいまや国民食といっても過言ではないラーメン。では本場の中国のラーメンとはどこが違うのでしょうか。最大の違いは、麺とスープにあります。

 

まず中国では、麺は料理人が手作りしているのに対して、日本では機械で作っています。日本の麺はかん水を使うことにより弾力を出していますが、中国では使われていない。

 

次にスープの違いとしては、中国は豚肉や牛肉、海鮮からスープをとっています。日本では豚骨スープにしょうゆや味噌などの調味料をくわえている。日本のラーメンはスープが命です。

 

また中国のラーメンはスープよりも具に重点を置くことが多く、メンツの高い中国人ならではのまずは見た目からといったような国民性が垣間見えるラーメンに仕上がっているのではないでしょうか。