中国の魚料理は日本の魚料理とはだいぶ異なります。中国に行ったときに最も外国感を感じるかもしれません。

 

理由としては日本のようにたくさんの種類の魚に恵まれていなかったことが挙げられます。多くが内陸の淡水魚で、生臭い点があります。ナマズや黄魚と呼ばれる魚が多いです。淡水の魚なので生で食べるのはまず無理です。揚げたり煮たりの調理法で食べるかたちになりますね。

 

また魚はスーパーか市場で買います。スーパーには水槽があって生きた魚をそこから選ぶことができます。市場では水槽の代わりに大きな洗面器のようなものに魚を入れて、エアーを送って売っています。

 

日本の魚の鮮度を見ている者にとっては中国で魚を購入するのはどうかなってとこですね。でもレストランで中国独特の魚料理を楽しみたい方にとってはおススメですね。