中国とお酒

中国は世界で最も古い酒造の歴史がある国で、そのはじまりは紀元前まで遡るとされています。中国酒の原料は穀類や小麦、果実類に至るまで幅広く、用いる麹の種類や醸造法も多種多様です。

 

中国酒は大きく6種類に分けられます。黄酒、白酒、果酒、薬酒、啤酒、外来酒です。また製造方法により、醸造酒、蒸留酒、混成酒の3種類に分けることもある。だが中国酒をどういう形で分けたとしても、主力となるのは黄酒と白酒、そして果実酒です。

 

中国酒は、前菜の途中あたりで招待主から注ぐのがマナーです。上座から順に注ぎ、全て行き渡ったら全員で起立して乾杯します。乾杯する際はグラスを右手に持ち左手を添えて額あたりまで上げて行うのが一般です。

 

座る位置は西洋の場合と正反対で主人側の座席に遠いほど位が高い人が座るものとされています。しかし今ではあまり厳格に守られることはありあません。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>