中国と日本の餃子

日本の餃子は戦後に、中国の満州にいた日本人引き揚げ者などによって日本に伝わった中国伝来の料理というのはほとんどの日本人が知っている。日本では満州で食べられていた焼き餃子が主流です。

 

日本の焼き餃子は、具の中にニンニクを入れること、野菜は白菜だけでなくニラやキャベツを使うことです。だが中国では日本と違い、ニンニクを具の中に入れず、別々に食べるのが普通です。野菜は白菜がよく使われています。

 

また中国人が最も驚くことは、日本の「餃子定食」の存在です。中国では肉や魚料理を注文してご飯と組み合わせて食べることは、まずしません。餃子は「主食」なのです。餃子定食は日本で独自に発達した食べ方です。

 

中国から伝わった餃子ですが日本ではその食べ方が違います。当たり前ですが同じ料理でも文化が違えば、受け止め方も違い、違った方向に発達します。料理に限らず何事もそのままで伝えるっていうのは難しいですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>