中国のファストフード店

中国のファストフード店では、日本ではあまり見かけないメニューを扱っているお店があります。

 

今回紹介するのは、嘉和一品というお粥を中心としたメニュー構成のファストフードチェーンです。夜食などに手軽にサラッと色々なお粥が食べられるのはいいですね。メニューは豊富で何種類もお粥メニューがあって、ほかに麺類、点心、ごはん類、おかずも豊富です。

 

日本のファストフードといえばセットで大体400~600円くらいが一般的ですが、こちらのお店は大変リーズナブルで、ピータンと豚肉のお粥や、野菜まんなどどちらも9元(およそ140円くらい)となっています。

 

日本と中国では少しのメニューや金額の違いはありますが、手軽に食べれる我々庶民の味方として重宝されている点ではまったく同じなんですね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>