中国の大気汚染について

北京など中国の多くの都市は、今深刻な大気汚染に陥っています。中国は慢性的な大気汚染問題を抱えていますが、総人口の約半分の6億人が影響を受けているという非常に深刻な状況です。

地域によって大気汚染の主な発生源も異なりますが、中国全体で見ると慢性的な大気汚染の原因として、工場の石炭の大量消費や自動車の急速な普及が挙げられます。中国は世界最大の自動車生産・販売大国となり、排ガスは大気汚染の重要な原因となっていることが明らかになっています。

中国の具体的な大気汚染の対応として、中華人民共和国大気汚染防止法というのがあり、環境問題に対してエネルギー消費量を20%削減、主要な汚染物排出総量を10%削減などの目標を掲げていました。そして大気汚染物質は14.29%減、水質汚染物質で12.45%減で効果が上がっていると中国政府は発表しています。

最後に、中国の消費構造を短期的に変えることは非常に難しく、今後石炭を利用しながら環境への影響をいかに抑えるかが問われています。とりわけ自動車の排気ガス規制を厳しく実施していくことは急務なんではないでしょうか。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>