中国の持ち帰り文化

外食で思わず頼みすぎて残してしまい勿体ないと思いつつ後ろ髪ひかれる思いで席を立ったなんてことはないですか。今回は中国の余った料理の持ち帰りの文化について紹介します。

 

中国の料理はとにかく料理が多いです。中国で外食すると一つ一つの料理の量が半端なく多いことに気づきます。余った料理は持ち帰るのが普通で「打包(ダーバオ)」といえば店員が専用のタッパーに入れてくれて、持ち帰ることができるのです。ではなぜ中国料理はそれほどの量が出てくるのでしょうか。

 

中国では食事のマナーに招待された際に出された料理は食べきってはいけないというのがあります。満足できないなど相手に暗に伝えることになるからです。残すと失礼という日本とは真逆になりますね。なので客人が食べる量を気にせず満腹になって帰れるように、自宅に招いた際は食べきれないほどの料理を出しレストランでは食べきれない量を注文します。そうして客人をもてなす風潮があります。

 

日本では余らないように注文して食べることが大事ですが、それぞれの国には文化的なものがあり一概に良い悪いともいえませんね。多く頼みすぎてしまったら「打包」できるか聞いてみるといいかもしれませんね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>