中国の農業について

中国では農業だけでは食べていくのはかなり厳しいとされています。そのために子供を残して都市部に出稼ぎに行く農民は多く、こうした出稼ぎ労働者は農民工と呼ばれています。

 

農民工たちは都市部で肉体労働に従事することになりますが、生活費を切り詰めて仕送りする人が多く、農民工たちの都市部における暮らしは楽ではありません。日本では農業だけで生計を立てることもできますが、日本と中国では何が違うんでしょうか。

 

中国と日本の農民の暮らしぶりで大きな違いが出る要因はまず「土地」の所有権をめぐる違いです。中国では土地は国の所有物であり、農民に貸して耕作させているという考えです。かたや日本は土地の個人による所有が認められていて何を育てようが自由、売買も自由という方針です。

 

中国の都市部は大きな発展を遂げましたが、内陸部の農村地帯は大きく立ち遅れています。農民が出稼ぎに行かずとも安定して暮らしていけるようになるための政策や環境の整備が急がれるのではないでしょうか。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>