中国人女性と結婚したら

中国人は特に、親や親戚とのつながりが日本よりもある意味すごく強いのが一般的です。 親に感謝の気持ちを表現する際にお金、現金を渡す習慣がありますので家族、親戚づきあいに意外と多くの出費がかかるのです。 中国人花嫁は最低家と車を持っていることを期待してるとのことです。引き出物の相場も上がっており、2004年には1万元だったのが、現在は15万元になっているとのことです。1人民元が役20円として、20万から300万になっていると考えれば、その負担は大変です。日本人の結婚よりお金がかかるのではないでしょうか。 理由としてはいま中国では、人口比率で男性の数が女性を3376万人も上回っているからです。 また親戚の家は自分の家と同様なのです。両親が突然遊びに来て、そのまま数か月間住み続けることはよくあります。少しくらい遠慮してよと思うかもしれませんが中国人からしてみれば結婚相手の男性も家族です。家族相手になぜ遠慮をしなければならないと思っているのです。逆に日本人の私たちも中国人と結婚すれば相手の親戚も同じ家族ですので遠慮をする必要はありません。   料理も全然ちがいます。味付けも薄かったり辛かったり、脂濃かったりで全く馴染めません。

中国のお正月と日本のお正月の違い

日本でお正月というと1月1日の元旦を指しますが、中国では陰暦に基づいた「春節」を新年の一日目として盛大に祝います。春節は太陰暦に基づき設定されるため、毎年日にちが異なります。

 

日本のお正月料理といえば、おせち料理やお雑煮が代表的ですよね。一方中国はちょっと違います。中国北部では大晦日の24時になる前に作り終え、子の刻(23時から午前1時の間)にお金を思わせるかたちをした餃子を食べます。

餃子の中にはいくつか種類があり「なつめ」は甘く幸せな1年を過ごせる、「落花生」は健康長寿、「硬貨」は金運がよいなどおみくじのように1年を占うようです。

 

爆竹も中国の祝事でかかせません。日本でも九州や沖縄など爆竹をお盆などで鳴らす地域もあるのでなじみ深い人もいるのではないでしょうか。

 

日本人も中国人もお正月を祝う理由はひとつ。そこにお正月があるからです。あの刺激的なお正月をまた現地で直接味わってみたいものです。

 

中国の風俗事情

これは僕がちょっとした連休を利用して、中国旅行に行ったときに体験した中国の風俗体験談です。

 

旅行先は中国の主要都市シャンハイ!

夜になっても眠ることのない摩天楼

 

現地のガイドに教えてもらった1番良さそうなお店に入ってみる。

外からでは一見何のお店か分からないようなビルの一室だった。

もちろん、僕一人では怖いので、通訳の人に同行してもらい、安全を確保したうえでの凸である。

 

 

受付のだいたい40代くらいの小太りのおばちゃん!

不安を抱きつつも、通訳が任せとけというので、自分の女の子の好み、コースを伝えて個室で待つ。しばらくすると一人の女の子が現れた。白く透き通るような肌につやつやな黒髪、クリクリのお目目の美人だ。自分の想像から1ランク2ランクも上の女性の登場に度肝を抜かれた。

 

ここで、通訳の人にはチップをはずんで女の子と二人きりに・・

 

一緒にシャワーを浴びてさぁサービス開始。

 

日本の風俗というといろいろ決まりがあって縛りがきびしい印象だが、中国の風俗業界は違う。

 

そもそも後になって聞いたのだが、風俗という業種がなく、すべて違法にてやってるお店ばかりらしい。

まぁ暗黙の了解があるんでしょうね。

 

交渉次第でなんでもあり状態なのだ。僕も初海外ということもあり、いつも以上に攻めの気持ちになっていた。

女の子の体は、妊娠線などもなく、リアルに若い

よだれが出てくるような白く透き通った体

なによりも、引き締まったウエストにバストのところには大きな果実が実っている

もちろんシリコンとかではなく、本物のおっぱい!

日本語が通じないので、プレイは淡白だったが、アジアンの個室でするプレイは罪悪感と僕自身の高まった性欲により、ハッスル!

 

女の子に導かれるがままにフィニッシュを迎えた

 

さすが夜の都シャンハイは、何度も来たいなって思わせるような都だった

中国パクる理由

まず日本と比較してみる。戦後の日本も欧米の製品を真似して成長してきました。しかし中国と違うのはただパクるだけでなくより良いものに改良してきたんです。その結果現在の日本は世界に誇る技術大国となりました。

 

中国はといえばただパクるだけならまだしも、元の製品より性能が劣ったものを製品化しています。これでは他国から批判されても仕方がありませんね。

 

次に開発能力が低いという点です。中国の人口は13憶7千万人、対して日本は約1億2千万人です。中国は日本よりも11.4倍の人口があるわけですから、新しい発想ができる人も日本より11倍いてもおかしくはありません。しかし中国人は新しいものを生み出すという能力が著しく低いんです。

 

その理由としては子供のころから考えて行動するということをして育っていないからかもしれません。先のことを考えずに今さえ良ければそれでよいと教えられてきた子供は大人になってもその考えを変えることはできません。

 

今さえ良ければいいので現在売れているものをパクれば現在だけは良く売れるというわけです。その時に著作権などの法律については自己中な性格の中国人ですから考えることもしません。

 

中国人と恋愛の大変さ

中国人女性との恋愛は日本人とは違い難しい点があります。まず中国人女性は、結婚を前提に恋愛をはじめます。結婚を考えられない人と付き合うことはありません。よって遊び半分で中国人女性と付き合おうとしてもうまくいくことはありません。それだけ中国人女性は一途でしっかりしています。では中国の女性はどうゆう人と結婚したいのでしょうか??まず最も重要なのがお金です。中国人女性に結婚で一番大事なものは?と質問するとはっきりお金だと言います。これを聞いて冷めてしまった人は結婚するに向かないでしょう。お金は決して特別な存在ではなく、一種の道具であるという感覚です。文化の違いだといわれればそれまでですがとにかく中国人女性と結婚するにはお金が重要なのは間違いありません。

追記・・・私が3人の中国人女性に調査した結果1信用、2やさしさ、3男性のやる気と責任がそれぞれ一番という結果でした

中国人にとっての面子とは?

中国人はメンツを命より大事にするという言葉を聞いた。そんな大げさな事があるか!と思う人も多いのではないでしょうか。しかし実際に中国人と付き合ってみればわかる。本当に彼らはメンツというものを重んじるのだ。中国人は他人の前で自分の失敗を指摘されることを極端に嫌う傾向がある。会議の席上や職場の衆目のなかで中国人従業員を叱ったり、注意したりするとその人はメンツをつぶすことになり、怨まれることになる。そしてそのことをいつまでも忘れずに、気まずい人間関係が残ることが多い。また友人として付き合う時も、中国人と結婚してその親族と親戚付き合いするときも、決してメンツを潰してはならない。メンツを潰すことは、相手との関係が終了することを意味する。

また中国人は謝らないと思っている日本人は多いのではないだろうか?中国人が謝れない原因は伝統的な「面子の文化」による。中国の子供は小さいころから親に「人前で恥をかかないようにしろ」と注意される。それは最初の芽として中国人の胸に植えつけられる。そして大きくなるにつれその意識は一段と強くなる。中国のある作家は「中国人にとって面子は何より重要だ。憲法よりも尊重されている」といった。だから謝ろうものなら自分の尊厳を傷つけられる気がする。謝ったら自分の非を認めたも同然だ。すると賠償も要求されるかもしれない。つまり自分の利益を守るために謝れないのだ。

中国の麻婆豆腐

中国料理に代表される麻婆豆腐ですが、日本のものとは決定的に違うところがある。

それは本場の麻婆豆腐は非常にラー油の量が多く、日本の食卓にあるビンのラー油2、3本くらいが、麻婆豆腐に投入されているのです!だが、日本のラー油と決定的に違うのが、八角(鋭い風味で食欲をそそらせるスパイス)の風味が強いこと。そして、うまみのあとに辛さがくるという二段技!!

さすがに日本の家庭では出せない味だろう。中国の麻婆豆腐は、日本の麻婆豆腐とは別物と考えていいのかもしれない。ぜひ本場に足を運んで味わって頂きたい味だ。それほどまでにおススメしたくなるほど、衝撃的なうまさだ。今まで食べていた麻婆豆腐は何だったのか???あなたもそう思うに違いない。

数の子天井とは

前回ご紹介させて頂きました、みみず千匹!

それと並んで有名な女性器の名器といえば、数の子天井です!

数の子天井は、ピストン運動で男のものを挿入するたびに亀頭部分が数の子に例えられているたくさんの粒状のものにこすられます。

その挿入感は強烈で、昇天するような射精ができる名器な女性器です。

ところで数の子状の粒は天井、つまり、おへそ側の膣壁だけにあるのではなくて、

実際には反対側の床側、つまり、膣のお尻の側の膣壁にもあるのが本当です。

カズノコが片側の膣壁にだけあるというのは医学的にいってありえません。

しかしながら亀頭部というのは上側の方が特に刺激を感じやすくできているので、

体験した男性は数の子が膣の上側にだけあるものと勘違いをしているのでしょう。

ミミズ千匹と同様、めったにお目にかかれない名器なあそこです。

ミミズ千匹とは

ミミズ千匹とは、女性器の名器の一つに分類されます。

男の一物をを挿入すると、まるで千匹のミミズが絡みついてくるそんな理想的なあそこです。

ペニスの亀頭部から根本にかけて、まるで千匹のミミズがうねっているようにニュルニュルと一物をこすっていきます。

その気持ちよさに男性は昇天するような!

1000人に1人いるかいないかの名器な女性器です。

ミミズ千匹の体験談としては、みみず千匹で体験したことがあります。

初めて一物を挿入した時にはすごい衝撃を感じたものです。

「おお!なんだこりゃ!中に何かいるぞ!?」

いったいどういうことだろうと、しばらくペニスを挿入したままでいたら、

膣全体がゆっくりと、うねるように流動化していきました。

まだ一度もピストン運動をしていないのに、あっという間に・・・

イッた後もミミズ達がペニスにからみついてきて、尿道の奥に残っていたものも、しぼりとっていく・・

そんな素晴らしい女性器のことです。

男の潮吹きオナニーとは?

比較的新しいオナニー方法で、皆さんも男の潮吹き・・

一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

最近はこれをするよ!って唄ってる風俗店もあるくらいです。

一度射精した後、強制的にペニスをしごくことで女性と同じような潮を尿道から吹き出すというオナニー法です。

ただ、女性の潮吹きと同じで、個人差があり、誰でもすぐに潮を吹くというわけではありません。

潮を吹かない人が専門の風俗にいってもあれですので、潮吹きパッチみたいなのがあればいいのですがね^^

潮吹きオナニーは解明が進んでおらず、M性感マッサージの風俗店から始まったといわれており、吹き出す潮が精液なのか尿なのか、それともそれら以外なのか、今のところはっきりとは分かっていません。

男の潮吹きの気持ちよさはドライオーガズムや射精とも違い、尿を限界まで我慢した後に放尿する快感に近いと言われています。

女性の場合、Gスポットを二本の指で掻き出すような刺激を繰り返すと潮を吹き、絶頂に達しますが、男の潮吹きは射精後に行います。

個人ではなかなか難しいので、手っ取り早く体験したい方は、最近流行っている男の潮吹き風俗に行き、風俗嬢のテクニックを参考にすると分かりやすいでしょう。
風俗嬢曰く「すべての男性が潮吹きをするわけではない」とのことなので、潮を吹かなくても落ち込む必要はありません。