だまし愛

まずは語呂合わせからです。

タイトルのだまし愛・・・これは記載ミスではなく

この風俗業界では「騙し合い」はもちろん日常茶飯事なのですが、あえて「だまし愛」って書きたいと思います。

キャストは深刻な状況(借金など)を、告白してくる場合がありますが、その8割は同情とお金(指名)を引くための嘘・演技だと思っておいたほうが良いでしょう。

だって本当に好きな人にはなかなか言いずらいでしょ?

こういったケースの場合、必要以上に同情することもありませんが、「うん、うん、かわいそうに・・・」などと『同情する姿勢』を見せると好印象です。

まぁ好印象は好印象なのですが、もう相手にするほどの風俗嬢ではないですね。

これは「僕が!だまされる!」です。

ではどういった風俗嬢がいいのか?

結論から言ってしまえば、こういった『深刻ではない状況で働いているキャスト』がいいと思います。

深刻ではない状況なのに、個人的にお小遣い稼ぎのために、見ず知らずの男性(客)の性欲を満たす仕事を選ぶのですから、心の隙はかなり大きいかと・・

つまり最初は単純な騙しあいなのですが、だんだん愛にもっていきたいので「だまし愛」と書きました

こういったキャストはプライベートで遊ぶことも了承してくれる方が多いです!

その際には、お店の外で遊ぶことのメリット・デメリットがありますが、まず初心者の方は、お店の目の届く範囲で最大限に楽しむ方法を攻略するのをオススメします!

風俗嬢の潜在能力を引き出す方法

風俗嬢の潜在能力を引き出す・・・

単純に風俗を楽しむ方法はここに一つの解決方法があると思います。

例えば風俗を楽しむというのを計算式にあてはめますと、

風俗を最大限楽しむ方法=常識や良識のある風俗嬢にあたる確率×風俗嬢の数×風俗嬢の潜在能力を引き出せるか否か!

だと思います。

風俗嬢の潜在能力を引き出せるか否かについてですが、単純に言いますと、どれくらい風俗嬢と仲良くなれるか・・

もっと言いますと、どれくらい風俗嬢に求められるか・・

これがすごく大切だと思います。

先にお話しておきたいと思いますが、風俗嬢は金が命!その他、既成事実は確かにあるものの・・

それでもやはり人と人のお仕事なわけでございまして、イレギュラーは存在します。

さてさて、どうしたら風俗嬢に求められるかといいますと!

とりあえずまずは通わないといけませんので、金が必要です。

金の次は優しさ・・・

それも無償の愛です。尽くし・・尽くし・・とりあえず尽くすんですが・・

自己主張はしてしっかりと自分の気持ちを端的に伝えることです。

僕の場合は、

貴方に会いたいからきました。

貴方と一緒にいたら幸せ。

など、ストレートかつ端的に伝えます。

なぜこうするか・・

風俗嬢も短い時間でスパッと気持ちを伝えられるのは慣れてないのでしょうね・・

考える時間が少ないせいか、本音をぽろっとだしたりすごくびっくりするらしいです。

ずっと尽くすだけですと、かもられますので、ある程度のところに来ましたら、主義主張をしてスパッと次に行きましょう。

後は体の相性の問題です。

この手の女性は、単純にやりなれています。

やり慣れていますので、体が合わないとやはりいろいろと思うところはあるらしいですよ。

失敗しない風俗の方法

風俗を楽しむと言っても多種多様にあると思います。

風俗は終わって虚しい気分になる、風俗に行っても結局は抜いて終わり、風俗の楽しさがよく分からないなどと言う方は本当に風俗を楽しめていません。

風俗は自分の性的欲求を満たす場であり、ただ抜いて終わりと言う場所ではないのです。

ですが、風俗=抜いて終わりだと考えている方があまりにも多いのが現状です。

彼女や奥さんに自分の性的欲求を理解してもらえない日常に差す光だと思って下さい。

風俗嬢は言わば奉仕のプロです。

並大抵のことでは引いたりはしません!

そこでまず自分がしたいプレイ内容を紙に箇条書でいいので書いてみて下さい。

自分で書き出すことで、頭の中でも整理が出来るうえに、風俗嬢に最悪紙を見せればいいので、得はあっても損はありません。

それに自分自身の気持ちを知ることこそが風俗を楽しむうえでもっと大切なのです。

全力で風俗を楽しむためには、嬢にやりたいことを伝えられるように自分の気持ちを整理しておくことが必要です。

コミュニケーションも大切ですが、風俗嬢とちゃんとコミュニケーションが取れたうえで、自分のやりたいことを伝えることが出来て初めて風俗を全力で楽しめるのです。

 

コミュニケーション次第で風俗は何倍も楽しくなる

風俗を利用している方で本当に風俗を楽しんでいる方は何人いるのでしょうか?

風俗を楽しむうえでもっと大切になるのがコミュニケーションです。

ですが中にはお金を払って終わり!と考えている方や話をするのが面倒!エッチさえ出来ればそれでいいなどと考えている方も多いのでは?

ですが、コミュニケーションを取り風俗嬢と親密になり疑似恋愛を楽しみながら風俗嬢とプレイが出来ればよりイチャイチャ度が増すのです!

むしろ風俗嬢との会話を楽しめるぐらいの度量があって初めて風俗を楽しめるようになるのです。

風俗嬢も会話をしないお客に良い印象は抱きません!

ただ作業的にプレイをされたのは実はコミュニケーション不足からくるのかもしれません。

裏を返せばコミュニケーションがしっかりと出来ていれば、疑似恋愛を存分に味わうことができるのです。

また、風俗嬢との会話を楽しんでこそ、風俗の醍醐味でもあるのです。

とは言え初対面の風俗嬢とどんな話をすればいいのか迷いますよね。

心配しなくても、人気のある風俗嬢であればいくつかのネタは持っています。

そこから話を膨らませるだけでいいのです。

また、新人の風俗嬢や内気な風俗譲ももちろんいると思います。

その時はこちらから話しをしてあげましょう!

天気の話や好きな食べ物の話だったり、TVの話題だったり話題は何でも構いません!

心の距離が近づけば作業的なサービスでは無く、心の籠ったサービスをしてくれるはずです!

面倒くさがったりせず、ぜひ風俗嬢とはコミュニケ―ションをしていきましょう。

 

デリヘルってどんなとこ

風俗と言っても様々な形態があります。

今回はその中でも人気傾向にあるデリヘルについて説明します。

そもそもデリヘルとはデリバリーヘルスの略語です。

デリヘルは大きく分けて2種類に分類されます。

店舗型と無店舗型です。

両方とも風営法で認可を受けた風俗店です。

多くの方が、無店舗型と店舗型を一緒に考えています。

最近では店舗型デリヘルは減少傾向にあり、主流となっているのが無店舗型のデリヘルです。

デリヘルとどお言ったサービスを提供しているのか!

キス・全身リップ・フェラチオ・パイズリ・素股・手コキなどが基本になります。

その他にもコスプレデリヘルやメイクラデリヘルフェラ特化型デリヘルなど、オプションのあるデリヘル店も増えてきているので、彼女や奥さんには出来な

い、頼めない自分の性癖をトコトンまで追及するのも楽しみの1つになっているようです。

初心者の頃はノーマル店のデリヘルで楽しんで、慣れて来たら少し変わったデリヘルに挑戦するのも楽しみ方の1つですね。

イケメンよりもモテるのは優しい顔

私は30代独身男性です。

風俗を覚えたのは今から10年程前になります。私が風俗を覚えたての頃は60分20000円が相場でしたが、最近は本当にリーズナブルな価格で遊べるようになったと驚いています。私がこの10年で数々の風俗を体験して来た中での結論があります。イケメンよりも優し顔の男性の方が風俗嬢にはモテると言う事です。かく言う私も決してイケメンではありません。
ですが、これまで数々の美味しい思いと言うものを体験しております。風俗嬢に聞いた事もあるのですが、イケメンよりも優しそうな顔の男性の方がいいと言うのです。そんなことを言いながら彼氏はイケメンなのでは、と思いますが、身体を使った接客業の彼女達からしたら、優しく気の利く男性に惹かれるのかもしれません。逆にブサメンでも優しければ顔はあまり関係ないそうです。
特に風俗嬢が口を揃えて嫌がるのは、汚いお客や不潔なお客だと言います。
そんな事を言われると、風俗嬢の方が臭い・汚い場合だってあるじゃないか。と反論したくなりますが、確かに汚い風俗嬢にクンニしたくは絶対したくないですから、風俗嬢の言い分も分かるような気がします。
もちろん体臭ムンムンで風俗に挑むこと自体に興奮を感じる方もいらしゃると思います。そお言った方はハード系のお店をオススメします。
ノーマル店だと引かれたり、あまりにもひどい場合はNGを喰らう恐れもあります。
匂いと聞いて若い男性は香水をイメージする方も多いと思いますが、風俗嬢は香水の香りを嫌う傾向があります。日頃身体を酷使している風俗嬢常に健康な状態とは言い難い状態で、臭いのキツイ香水の香りは逆に刺激臭になるそうです。
匂い一つでサービスの内容が変わるので、風俗嬢に会う前にはしっかり清潔にして匂いも気を付けるようにしましょう。

 

 

新地と呼ばれる遊郭と現代風俗デリヘル

大阪に来て、一度行ってみたいと思っていたのが大阪の西成にある飛田新地だった。
行ったことのある人間の話ではその一帯の雰囲気は独特である種圧倒されてしまうとのことだった。

出張の多い仕事柄、各地の風俗街と言われる場所には雰囲気を味わいに行ってみたりもしている。
かつてソープ街と言われた地域や歓楽街と呼ばれた地域にはそれぞれ独特の空気があるものだが、
飛田のそれは格段に違うという。

現代風俗はデリヘルを中心として店舗を構えず、ホテルや自宅を場所として楽しむ形が中心となっている。
自宅に呼べば、こちらの空き時間で出向くことなく風俗を楽しめるというメリットがある。
そして、出張族にとっては出張先の楽しみの一つとしてデリヘルを利用している人もいるだろう。

そんな中で、飛田は昔ながらの俗称「料理屋」として今も営業を続けていて、そして他府県からの客も
含めて今でもそれなりの盛り上がりを見せているというのだ。

訪れてみると、確かにその独特の雰囲気は他の地域のそれとは明らかに違っていた。
そして、その一帯を回っている車は他府県ナンバーが確かに多かった。
店先に座って手招きする女性はどの子も相当なレベルにあるように見えて、パネル指名やネット上の
写真指名となるデリヘルやホテヘルの現代風俗とは違い、実物を見ての選別となるのだ。
そして、その一帯の呼び込みは昔の繁華街を思わせるように積極的なのだ。但し身体に触れてくる等の
無理矢理感は全く感じない。

店先にはおばちゃんが受付役で座っていて声をかけてくる。その奥から女性が手招きしていて笑顔を
振り撒いてくる。眩しいほどのライトに照らされた女性は綺麗でレベルの高さが伺える。
これが、噂の昔ながらの風俗なのかと逆に新鮮さを感じてしまった。

飛田の他にも西区九条にも松島という地域で遊郭エリアがある。
昔の風俗の空気を味わえる新地と呼ばれる風俗街も楽しみ方の一つとしては面白い。

地元で楽しむデリバリーヘルス

昔と違って、こっそりと店舗を訪れて入る時と出る時だけ周りを気にする時代ではなくなった。

今はマンションの一室で受付をして、女性と一緒にホテルに向かうホテヘルやホテルや自宅に女性を呼ぶデリヘルが風俗業界の中心となっている。
出張先のビジネスホテルや単身赴任先の独り住まいの場合なら悩む機会は少ないのかもしれないが、地元の人間がデリヘルを使う時には自宅に呼ぶか
ホテルに行って呼ぶかという悩みを持った人も少なくないのではないか。

経験の浅い人は特にラブホテルは一人で先に入るなんてできるの?という疑問を持つ人も居るだろうし、自宅を教えることに戸惑いがある人もいるだろう。
最近ではデリヘルの店舗のホームページには使えるホテル一覧などを載せている良心的な店もある。また、梅田や難波、日本橋のホテル街を歩いていると
ビジネス利用可とか1名利用歓迎等と掲げているホテルもある。つまりはラブホテル業界もデリヘルを容認した形になってきているのだ。
実際に何度か1人利用をしているが、受付の際に「お連れさんは後で来られますか?」と聞かれるだけで返事は「はい」でも「いいえ」でも関係ないようだ。
ラブホテルに1人でチェックインするというのも意外と新鮮なもので、フリータイムや宿泊で入るとホテヘルの時のように時間に追われることなくデリヘルを
利用することができる。女の子が帰ったあと、ひと眠りしてからホテルを出るなんてちょっと贅沢な遊び方も出来るのだ。

私は飲み会後などで遅くなった時にゆっくりしたい時によくラブホテルを利用していた。ゆっくりと広めの風呂に浸かれて、広いベットを独占できて快適だ。
そして、そこにはやはりデリヘルで女の子と過ごす時間をスパイス的に加えるとぐっすりと眠れるものだ。
地元で飲み会後にネットカフェを利用している人たちは一度、ラブホテルに呼ぶデリヘルの便利さを味わってみるのもお薦めだ。

私の男の夜遊びは、地元にデリヘルです。

私は20代独身男性です。
私の職場では肉体労働のためか「メシ・酒・女」の話題で持ちきりです。そんな野性味あふれる職場でも特に人気なのが風俗の話題です。
私は新卒で入社し、新入社員のころはそういう話にも黙って笑いながら聞いているタイプでしたが、とにかく出会いがなくその当時は童貞でもありましたのでまったく女性関係は進展なしというむっつりスケベでした。ですが、それに対する性的欲求というのは高まるばかりで、一度出張で大阪の西成に連れて行ってもらった時に、先輩に誘われて行ってもらったキャバクラで意気軒昂と勇んでお持ち帰りを敢行。
自分の男らしさをつかんだのでした。
それからというもの女性に対しての欲望を抑えられなくなり、また意外と女受けする顔だということもあり、女が途切れることはありません。しかし基本的に根はむっつりスケベなので、女性に対してあまり自分の衝動をつまびらかにすることはできないでいます。
そんな私は、付き合っている彼女に内緒で行っていることがあります。それが「自宅近くのホテルにデリヘル」です。
休日は彼女とのデートなど忙しいので、平日の夜に地元のホテルに呼び出してデリヘルをお願いするのです。最初は気が引けましたが、月に2回の自分へのご褒美でやっています。
最近では慣れたもので、デリヘル嬢と遊んでいる時に彼女から電話が来ても大丈夫。週末の予定を決めながら下半身はお相手してもらったりしてます。
私にとって男の夜遊びとは、彼女にできない性的衝動をぶつけられる大切な時間なのです。
もちろん今後ともそのように生活していきたいと思っています。

現代風俗と正方形の看板掲げる新地と呼ばれる遊郭

時代の変化というのは業界に関係なく訪れるものです。
以前はどこの街にも繁華街と呼ばれる場所には店舗を構えた風俗店があったものです。

それが最近はホテルヘルス、デリバリーヘルスへと変化して、店舗を構えている店は大阪の繁華街の難波や梅田でも激減状態。
ホテル街は今でも難波や梅田、日本橋や京橋と健在でその周りのビルには18禁のステッカーを貼った部屋が点在している。

昔は受付を済ませると狭い個室やカーテンで仕切られただけの半個室に通されて女の子が来るのを待つものだったが
今では、受付を済ませて女の子とホテルに向かう形のホテヘルや自分の部屋やホテルの部屋から電話で受付して女の子を待つデリヘルが
風俗の中心となっている。店舗営業がなくなったとはいえ、やはり風俗業界はいつの時代も多くの店が出ては消える業界。
最近は中国人を専門とした中国人デリヘルなるものも現れて価格勝負を展開している。

その一方で大体的に宣伝や広告、ホームページ等を持たずに昔ながらの営業を展開する風俗も未だ健在。
大阪で有名なところでは地下鉄四ツ橋線や御堂筋線の動物園前近くの飛田や地下鉄中央線九条傍の松島に今も残る遊郭。
特徴的な正方形の白地の店舗看板が掲げられている。
界隈を歩くとライトに照らされた女性が店の入口に座っていて行き交う男性に「お兄さん」と声をかけている。
店の前には受付役の男性や女性が必ずスタンバイしていて受付を済ませると座っていた女性とその建物の2階にあがりサービスを受ける。

不思議なものでこの新地と呼ばれるエリアで何が行われているかは周知の事実でありながら「料理屋」という形態なのだ。
この界隈を歩くとその独特の空気感に圧倒される人もいるようだが、遊ぶ遊ばないにかかわらずあの独特感は歩き回って味わうのも1つの
楽しみ方とも言える。実際に飛田新地を徐行している車は他府県ナンバーが多いように思う。

現代風のホテヘルやデリヘルを一通り楽しんだという人は、日本の遊郭「新地」の味を楽しんでみるのも新しい楽しみ方になるだろう。